【ichiryuan Weiβ(190mlグラス生) 絶賛発売中!】¥600- 2021-5月新発売からの軌跡

2021/05/01 ビール
ichiryuan Weiβ

オリジナルクラフトビール

ichiryuan Weiβ 【190mlグラス生】¥600-

グラスでご提供できるのは、店主のいる土日の昼飲みです。

タップルーム【泡とギョーザ】からお届けするドラフト・オンタップならではの生き生きとした清涼感をお楽しみに!

ichiryuan weiβとは?

北海道の初夏をイメージして、爽やかで薫り高いビールを目指しました。南ドイツのフルーティーな小麦ビール・ヴァイツェンをアレンジして、北海道産の小麦とホップ、そして札幌市が誇る美味しい「水」がこのビールの原材料です。

北海道産の小麦とホップは自ら生産者を訪問して仕入れ、可能な限りの量を配合して醸造いたしました

仕込みは、ラーメン札幌一粒庵の店主大島庸司が行い、発酵~熟成に至る醸造工程は、澄川麦酒醸造所で行いました。爽やかなのど越しと、グレープフルーツのような柑橘系の風味、香りが特徴です。

1994年規制緩和の年、日本の地ビール第一号・オホーツクビール(北見市)が創業しました。大島は同社でドイツビールの醸造士として開業からの5年間を担当。2000年に転職し一時期は醸造を離れ、ラーメン札幌一粒庵の創業をしましたが、2017年にはJSAソムリエ資格を取得。ラーメン店のオーナーシェフの仕事のみならず酒類の知識の向上にも努めました。

その細心の感性で、2020年よりクラフトビールの醸造を再開しています。

北海道産大麦モルト

一粒の麦からはじまる新しい物語

コロナショックでお客様を店にお招きできない状況が続く中、それでも何か新たなご提案はできないものか!模索の中で、人生の経験を振り返り、クラフトビール作りを再開いたしました。

 

 

北海道北見産の大麦で作った麦芽をオホーツクビール(株)よりお譲りいただき、仕込みに使用しました。

麦芽(モルト)を粉砕しております。

 

 

粉砕したモルトを糖化釜へ投入しています。

2021-5月仕込み:配合比率は、ドイツ製ハイデルベルグ小麦麦芽 50%、ドイツ製ハイデルベルグ大麦麦芽 32%、北海道産大麦麦芽 18%でした。

 

2022-6月仕込み:配合比率は、ドイツ製ハイデルベルグ大麦麦芽 50%、ドイツ製ハイデルベルグ小麦麦芽 32%、北海道産小麦 18%でした。

 

仕込み

煮沸の工程でホップを投入、

①ドイツのポラリスを使用。特徴は、ミントやパイナップルのアロマ。

②ドイツ製、伝統のザーツを使用。基本的なビールの苦みを支えるために。

③仕上げの香りは、富良野産のカスケードホップを贅沢に使いました!特徴は、、、グレープフルーツのようなアロマです

 

にきや ホップ 圃場

2022年秋には、仁木町「にきや」様よりホップをお譲りいただきました。

今年の冬の仕込みには、こちらを使用いたします。

次回のホップ
ドラフト
大和亭 コメント

大島が造るラーメンとクラフトビールの相性は抜群で、すすきのエリアの人気ワインバー店主、ソムリエ仲間もこのペアリングに賞賛のコメントを寄せていただきました。